ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

球根草花図鑑



「チューリップ」や「ユリ」に代表される球根種の草花を紹介します。ガーデニングをする際の参考として下さい。

カ行(カ~コ)

【カ】

カマシア
カマシア 花期 4~6月
科・属名 ユリ科カマシア属
分類 球根植物
原産地 北アメリカ
花言葉
カマシアは丈夫な植物で、花色は青、紫、白などがあります。花は星型で、球根からまっすぐ上方に花茎を伸ばし、花茎の下から上へと順序良く咲かせます。
育て方

【植え付け】
10月中旬~11月下旬頃、日当たりの良い場所に、10㎝程の間隔で植え付けます。カマシアは土壌を選びません。

【施肥】
芽が伸びはじめたら、2週間に1回、液肥または固形肥料を置き肥します。

【管理のポイント】
植え付け後2~3年間は植えたままでも問題はありませんが、掘り上げる場合は、葉色が黄色に変色してから行ないます。
9月下旬~6月上旬が生育期になりますので、土の表面が乾燥したら水やりをします。また、夏の休眠期は水やりをしないようにします。

カラー
カラー 花期 5~7月
科・属名 サトイモ科オランダカイウ属
分類 多年草
原産地 南アフリカ
花言葉 清浄、歓喜
「美しい」を意味するギリシャ語が名前の由来です。白い大きな花弁は包葉で、花は中央で花芯のように見えます。
育て方

【植え付け】
4月下旬~5月上旬、畑地用種は30㎝×20㎝、湿地用種は池の縁などに30㎝×30㎝の間隔で植え付け、5㎝程覆土します。鉢植えにする場合は、10号鉢に3球程度植え付けます。

【施肥】
元肥として、1㎡当たり堆肥を3㎏、化成肥料を3握りを与えます。

【管理のポイント】
水やりの方法は、畑地用種と湿地用種で異なります。畑地用種は、生育期である3月下旬~11月中旬に、土の表面が乾き気味になる程度で水やりをし、冬の休眠期は水やりをしないようにします。
湿地用種は、生育期である4月上旬~11月中旬に、土の表面が乾いたときに水やりをし、休眠期は控えめにします。

カラジウム
カラジウム 花期 6~8月
科・属名 サトイモ科カラジウム属
分類 多年草
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 喜び
別名を「ニシキイモ」と言います。葉の模様が特徴的な観葉植物です。初夏、葉の下に小さな花を咲かせます。
育て方

【植え付け】
4月下旬~5月中旬の十分暖かくなった頃に、30㎝程の間隔で植え付けます。鉢植えの場合は、5号鉢に1~3球程度を植え付けます。
暖かい場所で清潔な土に仮植えし、芽が出てから植え替えます。

【施肥】
5~8月にかけて、液肥を10日に1回、また、油粕の粒や緩効性の化成肥料を、月に1回与えます。

【管理のポイント】
直射日光が当たると葉が傷つくので、注意が必要です。春から秋にかけては、窓のガラス越しに朝日か夕日が当たるようにします。
生育期の5~8月には、土の表面が乾燥しないように水やりをします。ただし、根腐れを起こしやすいので、水をやりすぎないように気をつけましょう。
また、冬の休眠期では、水やりをしないようにします。

カンナ
カンナ 花期 7~10月
科・属名 カンナ科カンナ属
分類 多年草
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 永続、堅実な未来
根が食べられる食用と観賞用があります。このうち観賞用の物は、とても色鮮やかな花を咲かせます。
育て方

【植え付け】
4月下旬~5月上旬に、深さ30㎝、直径30㎝程度の穴を60㎝間隔で掘り、その穴に堆肥を1㎏と、化成肥料を半握り程度入れて土を戻し、深さ5~8㎝の位置に球根を植え付けます。

【施肥】
発芽後、15㎝程度に生育したら化成肥料を少量与え、土寄せします。

【管理のポイント】
4月下旬~11月中旬の生育期は、土の表面が乾燥したら水やりをし、冬の休眠期では水やりをしないようにします。なお、カンナは寒さに弱いので、10月になったら霜が降りる前に球根を掘り上げます。
温暖な地域では、秋になって葉の傷みが目立ちはじめたら、地上部を刈り取ってワラを敷き、その上に30㎝の厚さの盛り土をして越冬させます。

【キ】

球根ベゴニア
球根ベゴニア 花期 5~11月
科・属名 シュウカイドウ科ベゴニア属
分類 球根植物
原産地 ブラジル
花言葉 幸福な日々、片思い、親切、丁寧
花期が長く、花付きが良く、育てやすいといった特長があります。花径2~4cmくらいで、一重咲きと八重咲きがあり、花色は白、淡桃、濃桃、赤などがあります。
育て方

【植え付け】
3~4月下旬に、15cm間隔で球根の上部がわずかにのぞくように植えます。鉢植えの場合は、4~5号鉢に1球を植えます。

【施肥】
用土1リットルに対して3~5gの緩効性肥料を用土に混合します。4~10月の期間は、真夏を除きおよそ1週間おきに、薄めた液肥を追肥として、水やりの代わりに与えます。

【管理のポイント】
球根ベコニアは日の当たる明るい場所を好みますので、10月下旬~翌年4月ごろまでは、日光の差し込む室温10℃位の窓際に置きます。4月の中頃からは戸外に出し、半日陰に置きます。
水やりは、鉢土の表面が白く乾燥したら、水が鉢の底から流れるまでたっぷりと与えます。ただし、冬は控えめにします。
また、時々葉水を与え、乾燥がひどいときにはビニールで覆うなどして、空中の湿度を保つように心がけます。

キルタンサス
キルタンサス 花期 12~6月
科・属名 ヒガンバナ科キルタンサス属
分類 球根植物
原産地 南アフリカ
花言葉 忍耐
筒状の花を冬から早春に咲かせます。花色は様々で、かすかな芳香があります。
育て方

【植え付け】
3~4月頃が一般的ですが、9月頃にも植え付けができます。鉢植えの場合は、5号鉢に5球程度を、2㎝くらいの深さに植え付けます。

【施肥】
植え付け後に、油かすなどの固形肥料を与えます。

【管理のポイント】
一般的に、植え付けの2年後からたくさんの花が咲きます。2~3年は植えたままでも問題なく、3年に1回程度、植え替えを行ないます。
夏までは日当たりの良い場所で育て、夏期に葉が枯れたら、日陰で雨が当たらない場所に移動します。
3月下旬~11月中旬の生育期は、土の表面が乾燥したら水やりをして、冬の休眠期は控えめにします。

【ク】

クーペリア・スマイリー
クーペリア・スマイリー 花期 6~10月
科・属名 ヒガンバナ科ゼフィランサス属
分類 球根植物
原産地 中南米
花言葉 純真な愛
ゼフィランサスの仲間。3cm程度のレモンイエロー色の花を咲かせます。
育て方

【植え付け】
3月上旬~4月下旬頃、5号鉢に4~5球程度を2~3cmの深さに植え付けます。地植えの場合は、6~8cmの間隔で植え付けます。クーペリア・スマイリーは耐陰性があるため、半日陰に植えても大丈夫です。

【施肥】
植え付け後に元肥を与え、そのあと7~10月にかけては、2週間ごとに1回、固形肥料を少量、置き肥します。

【管理のポイント】
生育期中の水やりは、土の表面が乾燥したら行ない、冬期の休眠期は控えめにします。暑さや寒さには強く、育成場所を選びませんが、寒冷地では室内で育てるのがベターです。
3~4年ごとに1回植え替えを行ないます。

グラジオラス
グラジオラス 花期 3~4月、6~8月
科・属名 アヤメ科グラジオラス属
分類 球根植物
原産地 南アフリカ、地中海沿岸
花言葉 楽しい思い出、たゆまぬ努力、情熱的な恋、用心
高さが70cm~1mになる大型の球根植物で、園芸品種は1,000種を超えると言われています。春に球根を植え付け、夏に花を咲かせる物が一般的ですが、秋に球根を植え付け、春に花を咲かせる物(早咲き)もあります。
育て方

【植え付け】
4月下旬~8月上旬、直径2~3㎝程度の球根を、日当たりと水はけの良い肥沃な場所を選んで植え付けます。植え付けるには、30㎝ぐらいの深さに耕して、堆肥や肥料を十分に与え、その上に2~3㎝の間土をして、球根を5~7㎝程度の深さに植え付けます。

【施肥】
元肥は1㎡当たり堆肥を3㎏、化成肥料を2握り施し、そのあと追肥を2~3回行ないます。

【管理のポイント】
発芽後に勢いの良い芽を1~2本残して、残りは刈り取り、追肥と土寄せを2~3回、早い時期に行ないます。
また、風雨による倒伏を避けるため、支柱を立てたりネットを張るなどの対策を施しておきます。
生育期には土の表面が乾き気味になる程度に水やりをして、休眠期は水やりをしないようにしましょう。

クリナム
クリナム 花期 7~10月
科・属名 ヒガンバナ科クリナム属
分類 球根植物
原産地 熱帯~亜熱帯アジア、アフリカ
花言葉
熱帯から亜熱帯にかけて約160種が分布しています。太い花茎が50cm程伸び、やや漏斗状の大輪の花を咲かせます。
育て方

【植え付け】
4月初旬~5月上旬頃、日当たりが良く、肥沃で水はけが良い場所を選んで植え付けます。また、大型品種の場合は30㎝以上の間隔で、土の表面から球根が3分の1程度のぞくくらいの深さで植え付けます。

【施肥】
植え付け後は、固形肥料を置き肥します。鉢植えの場合は、固形肥料の置き肥に加え、液肥を2週間ごとに1回与えます。

【管理のポイント】
4月上旬~11月中旬の生育期は、屋外の直射日光の下で、冬期は室内の日当たりの良い場所で管理します。また、鉢植えの場合の水やりは、植え付け後から秋にかけては、土の表面が乾燥したら行ない、秋以降は控えめにします。

クルクマ
クルクマ 花期 7~9月
科・属名 ショウガ科クルクマ属
分類 球根植物
原産地 マレー半島
花言葉 忍耐、あなたの姿に酔いしれる
漢方で知られるウコンの仲間です。暑さには大変強く、気温40℃でも大丈夫な程ですが、反面、寒さには弱いという特徴があります。
育て方

【植え付け】
4月中旬を過ぎて安定して暖かくなったら、日当たりが良く、西日が遮れる場所を選び、球根を地表から6~7㎝程の深さに、20㎝前後の間隔を保って植え付けます。
鉢植えの場合は、6号鉢程度の大きさの鉢に1球を植え、根茎が隠れる程度に覆土します。

【施肥】
植え付けの際には、まわりの土に堆肥や腐葉土を混ぜ込み、リン酸とカリ成分の多い肥料を施します。芽が伸びはじめた頃に、少量の化成肥料を追肥し、そのあとも花期を迎えるまで液肥を与えます。

【管理のポイント】
春の終わりから秋の初めにかけては、多めに水やりをして乾燥に注意します。冬の休眠期は水やりをしないようにします。なお、掘り上げは、霜の降りる前までに行ないます。

グロキシニア
グロキシニア 花期 5~7月、9~10月
科・属名 イワタバコ科シンニンギア属
分類 多年草
原産地 ブラジル
花言葉 艶麗(えんれい)
和名は「大岩桐草」。葉と花が大きく、特に花はベルベッドのような光沢があります。
育て方

【植え付け】
6~7月頃に、切り取った葉の葉柄部分を、小粒の赤玉土を入れた深さ7㎝程度のプランターにさす「葉ざし」という作業を行ないます。
10月中旬頃から水やりを止め、葉がしおれたら赤玉土を入れた蓋付きの発泡スチロールの箱などに植え替えて、越冬させます。
翌年の春に芽が出たら、小粒の赤玉土6、腐葉土3、乾燥牛糞1の割合で混合した用土を入れた鉢に植え付けます。

【施肥】
水やりの代わりに、週に1~2回程度、400倍に薄めた液肥を与えます。

【管理のポイント】
温度は常に15~20℃に保つようにします。春~秋の生育期には土の表面が乾いたら水やりをし、水切れしないように注意します。秋に気温が下がってきたら徐々に水やりの回数を減らし、冬の休眠期には水やりをしないようにします。

クロコスミア
クロコスミア 花期 7~9月
科・属名 アヤメ科クロコスミア属
分類 球根植物
原産地 南アフリカ
花言葉 気品ある精神
乾燥させた花をお湯に入れるとサフランの香りが漂うことから、「サフランの香り」を意味するギリシャ語から名付けられています。寒さに強く多数の花が連続的に咲き、丈夫で育てやすく、特別な手入れも不要です。
育て方

【植え付け】
3月中旬~4月下旬頃、球根を4~5球まとめて植え付けるのが一般的です。その場合は、10㎝四方以上の間隔をとり、5㎝程覆土しておきます。

【施肥】
元肥は有機配合肥料を1㎡当たり2握り程度とし、土壌と良く混ぜて与えます。

【管理のポイント】
屋外の直射日光の当たる場所がベストですが、どこでも良く育ち、半日程度なら日が当たらなくても大丈夫です。
4月上旬~11月中旬の生育期は、土の表面が乾燥した頃に水やりをします。また、冬の休眠期では水やりをしないようにします。
東京より北の地域では、10月下旬に球根の堀り上げを行ないますが、東京より南の地域では、植えたままの状態にしておきます。

クロッカス
クロッカス 花期 2~4月
科・属名 アヤメ科クロクス(クロッカス)属
分類 多年草
原産地 ヨーロッパ
花言葉 私を信じて
和名は「花サフラン」。秋に咲くサフランによく似ていますが、サフランと違い、クロッカスの花は白、黄、紫と豊富な色があります。
育て方

【植え付け】
10月頃、日当たりが良く水はけの良い場所に、6~8cmの間隔をあけて4~5cmの深さで植え付けます。
水栽培の場合は、黄色種以外の花を選び、10月中旬~下旬に栽培をはじめます。

【施肥】
植え付け時に1㎡当たり1握りの化成肥料を与えますが、球根に直接触れないように土に良く混ぜて与えます。

【管理のポイント】
毎年掘り上げなくても、3~4年は花が良くつきます。生育期は土の表面が乾かない程度にし、夏の休眠期では水やりをしないようにしましょう。掘り上げる場合は、葉全体が黄色く変化してから行ないます。

グロリオサ
グロリオサ 花期 6~8月
科・属名 ユリ科グロリオサ属
分類 半蔓性多年草
原産地 熱帯アフリカ西部
花言葉 栄光
別名は「狐百合」。花弁は細く、反り返って咲く姿が特徴的です。葉の先端は巻きひげになっており、周りに絡みつきながら成長します。
育て方

【植え付け】
一般的には4月下旬~5月中旬頃に植え付けますが、高温を好む性質があるため、暖かくなってからがベターです。
植え付けの間隔は30㎝四方程度とし、深さ5㎝の位置に水平に植えます。その際、球根の先端にある芽を傷つけないよう、扱いに注意します。

【施肥】
1㎡当たり乾燥牛糞1㎏、有機配合肥料4握りを元肥として与え、つぼみが出はじめたら、2握り程度の化成肥料を追肥します。追肥は1ヵ月おきに2~3回行ないます。

【管理のポイント】
グロリオサはつるを出すため、支柱を立てることが必要です。また、乾燥させないように適度な水やりを心がけます。

【コ】

コルチカム
コルチカム 花期 10~11月
科・属名 ユリ科コルチカム属
分類 多年草
原産地 ヨーロッパ、北アフリカ
花言葉 華美
別名は「イヌサフラン」。ユリ科の植物で、土に植えたり、水を与えなくても花が咲く不思議な植物です。花の咲いたあと、花壇などに植えます。
育て方

【植え付け】
植え付けは8月上旬から中旬に行ない、鉢植えの場合は、5~6号鉢を用いて1球程度を植えます。極度の日照不足や過湿地でなければ、場所を選ばず良く育ちます。

【施肥】
植え付けに、元肥として1㎡当たり堆肥2㎏、化成肥料2握りを施します。追肥は2月下旬頃、葉が出たら1㎡当たり2握りの化成肥料を与えます。

【管理のポイント】
土の表面が乾き気味になる程度で水やりをし、夏の休眠期では水やりをしないようにします。なお、6月に葉が黄色に変色したら、球根を堀り上げ、日に当たらない風通しの良い場所で乾燥させます。