ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

文字サイズ

ガーデニング(園芸)に関する用語(ら行)をまとめてご紹介しています。ガーデニング初心者でも分かりやすい解説・基本知識がご覧頂けます。

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ら行

  • ライフサイクル
    らいふさいくる

    ライフサイクル(ライフサイクル)

    植物が発芽してから種を作って枯れるまでの過程、または周期のこと。

  • 落葉樹
    らくようじゅ

    葉の寿命が1年未満で、落葉する葉を持つ樹木の総称。温帯に多く見られ、広葉樹が一般的。
    落葉後、次の葉が現われるまで葉のない期間がある。

  • 落蕾(らくらい)
    らくらい

    落蕾(らくらい)(ラクライ)

    蕾が開花しないで落下すること。

  • 裸子植物(らししょくぶつ)
    らししょくぶつ

    裸子植物(らししょくぶつ)(ラシショクブツ)

    種子植物の中で、心皮(しんぴ)がなく、種子が裸出する植物の総称。イチョウ、マツ、ソテツが代表的。
    [写真:イチョウ]

  • ラティス
    らてぃす

    ラティス(ラティス)

    板を格子状に組んで、木枠で囲んだもの。庭をはじめベランダや壁面などに立て、ツル性植物を絡ませたり、鉢を吊るしたりして用いるが、目隠しとしての役割もある。通常は、トレリスと同一のものとして使用されている。

  • ラン
    らん

    ラン(ラン)

    ラン科の植物の総称。虫媒花(ちゅうばいか)で、長期間花を咲き続けるものが多い。日本や中国などの温帯地域に自生するものを東洋ランと言い、熱帯や亜熱帯地域に自生するものを洋ランと言う。
    [写真:カトレア]

  • ランナー
    らんなー

    ランナー(ランナー)

    ほふく茎やほふく枝の一種のこと。細長い枝を茎の下部から出して地表を走り、その先端にある節から根や枝が生える。イチゴでは、親株からランナーが盛んに発生して子株ができる。

  • リグニン
    りぐにん

    リグニン(リグニン)

    植物における細胞壁の成分のセルロースなどと結合し、組織を強固にする物質。リグニンの働きで樹木の幹は堅くなる。維管束(いかんそく)に存在する。

  • 粒剤(りゅうざい)
    りゅうざい

    粒剤(りゅうざい)(リュウザイ)

    農薬の剤型(ざいけい)のタイプで、鉱物質粉末に有効成分を吸着させて粒状にしたもの。粉剤(ふんざい)で見られるような飛散や吸入の心配がなく、そのまま直ちに散布できるなどの利点がある。

  • 緑陰樹(りょくいんじゅ)
    りょくいんじゅ

    緑陰樹(りょくいんじゅ)(リョクインジュ)

    庭に涼を感じさせる日陰を作る目的で植える樹木のこと。ケヤキやニレ、ネムノキ、サルスベリなど、上方に枝が広がる落葉樹などが利用される。

  • 緑枝(りょくし)
    りょくし

    緑枝(りょくし)(リョクシ)

    成熟途上で、木質化していない新梢(しんしょう)の緑色部分のこと。成熟が進行した新枝を半熟枝、成熟して硬化した枝を熟枝と言う。

  • 林縁(りんえん)
    りんえん

    林縁(りんえん)(リンエン)

    森林のまわりの部分。森林の深部に比べて光がさし込みやすいので、様々な植物の生育が見られる。特に、ツル性植物が多いのが特徴。

  • 輪作(りんさく)
    りんさく

    輪作(りんさく)(リンサク)

    同じ畑で、性質の異なる数種類の作物を何年かに1回のサイクルで栽培していく方式。輪作により、土壌の性質が改善されるとともに、病害虫の発生も減少し、作物の収穫量や品質が向上する。

  • リン酸
    りんさん

    リン酸(リンサン)

    五酸化リンが水と結合して生まれる酸の総称。肥料の三要素の1つで、植物の成長をはじめ、開花や結実(けつじつ)を促す働きをする。骨粉(こっぷん)をはじめ、熔成リン肥、過リン酸石灰などがある。

  • 林床(りんしょう)
    りんしょう

    林床(りんしょう)(リンショウ)

    森林の樹下の地表面、またはそこの環境のこと。林床では、草本、低木、コケ、シダ、菌類などが、森林の種類ごとに特有の生態系を造る。

  • レーキ
    れーき

    レーキ(レーキ)

    長さ8cm程度の鉄の歯を12本程度くし形に並べて柄を付けた農具。田畑や花壇などを掘り返したあとの整地や、草掻き(くさかき)などに使用する。

  • レイズドベッド
    れいずどべっど

    レイズドベッド(レイズドベッド)

    石垣をはじめレンガや板などを用い、土を庭の地面よりも高く盛り上げて造った花壇のこと。

  • 裂果(れっか)
    れっか

    裂果(れっか)(レッカ)

    病害虫や生理的な原因などで、果実が裂けひらけること。
    [写真:トマト]

  • 連作障害(れんさくしょうがい)
    れんさくしょうがい

    連作障害(れんさくしょうがい)(レンサクショウガイ)

    同じ畑で、同種の作物を毎年連続して栽培した際に起こる障害のこと。生育不良により、収穫量や品質が低下する。土壌伝染性の病害虫や特定養分の欠乏などが原因。

  • 露地栽培(ろじさいばい)
    ろじさいばい

    露地栽培(ろじさいばい)(ロジサイバイ)

    雨や露が当たる屋外の畑や花壇などで作物を栽培すること。季節感のある作物本来の味を楽しむことができる。
    [写真:キャベツ]

  • 露地ざし(ろじざし)
    ろじざし

    露地ざし(ろじざし)(ロジザシ)

    畑などの屋外で行なうさし木のこと。さし木をする場所となるさし床を畑に作る際には、しっかりと耕し、通気性を高めておくことが大切。
    [写真:ヒバコ]

  • ロゼット
    ろぜっと

    ロゼット(ロゼット)

    極端に短い茎に多数の葉が放射状に重なり、地に接しているように見える葉のこと、またはそのような生育型のこと。ロゼットは、一見すると根から発生したように見える。
    [写真:タンポポ]

  • ロックガーデン
    ろっくがーでん

    ロックガーデン(ロックガーデン)

    自然の岩や石などを大量に用い、岩山の風景などをイメージして造った花壇のこと。高山植物をはじめ、寒冷地に育つ植物など、背丈の低い原種系の植物や、地面を這う匍匐(ほふく)性の植物がよく植えられる。

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

ページ
トップへ
ページトップへ