ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 連作
    れんさく

    連作とは、同じ場所で同じ種類や仲間の植物を栽培することを意味する。連作を行なうと、土壌伝染性の病害虫が増える、土壌の栄養成分が欠乏または過剰になるなどの障害が生じる。ひどいときには、植物が生育不良を起こし枯死する。このような現象は「連作障害」または「忌地(いやち)」と呼ばれる。
    連作障害は主に野菜栽培において問題となることが多く、キュウリのつる割れ病、ナスやトマトの青枯れ病などがよく知られている。これに対して、ネギ、タマネギ、ニンジン、ニンニクなどの野菜は連作障害を起こしにくい。
    連作による被害を防ぐには、同じ植物を繰り返し栽培するのではなく、異なる植物を周期的に作りまわす「輪作(りんさく)」の方法を用いると良い。また、堆肥や腐葉土などの有機質肥料を施す必要がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ