ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 連杭
    れんくい

    連杭とは丸太や杉の板などを連結した杭を意味する。庭とアプローチの仕切りとして、花壇の周りを囲う柵や土を止める役割の他、ガーデニングの装飾のひとつとしても使われる。
    連結している部分で自由に曲げられるため、曲線を描けるのが連杭の特徴。これを利用して、天然の木を丸太風に加工してワイヤーで繋げた物や、木の板を繋げた物、木の先端をカットしてデザインした物などがある。
    連杭は下3分の1くらいを土の中に埋めて使用するため腐りやすく、虫に食われる被害も多いため、防腐・防虫処理をして販売されている物が主流。木材の中でもウッドデッキに使用されることの多い「セランガンバツ」は、非常に硬く、虫や菌に強いため、連杭として使う例もある。また、耐久性が高いプラスチック製の連杭もあり、木製に近い外観の物も多く販売されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ