ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 礫耕
    れきこう

    礫耕とは、水耕栽培に似た植物の栽培法で、培養土の代わりに礫を使用し、肥料分を水に混ぜた培養液で育てる「養液栽培」の一種を意味する。
    礫耕は、礫を敷き詰めた場所に植物を固定し根を張らせ、植物の成長に必要な栄養分は培養液によって与えると言う栽培方法。この栽培で使用する「礫(れき)」とは、有機物を除いた土の粒子で、その粒子が2mm以上の物を指す。礫の他に粒子2mm以下の砂を使う「砂耕」と言う方法もある。礫耕や砂耕以外にも、培養液を使って植物を栽培する方法には「水耕」の他、専用の培地を利用する「ロックウール耕」などが存在する。
    礫耕のメリットは、土壌の病害が発生しにくい点。また、同じ作物を繰り返し栽培しても連作障害が起こらないこと、除草作業が要らないため畑に比べ作業が少なく管理がしやすい点なども挙げられる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ