ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 輪作
    りんさく

    輪作とは、農耕地の地力維持を目的として同一の農耕地に異なる種類の作物を一定の順番で繰り返して作付することを意味する。対義語は「連作」。
    畑において、同じ種類の作物を連続して育てる(連作する)と、徐々に収穫量と品質が低下してしまう。そこで輪作をすることにより、土壌の栄養バランスを取り、地力の低下を防止、雑草や病虫害の発生を回避することもできる。
    特に、ナス科、マメ科、アブラナ科、ウリ科の野菜は連作障害を起こしやすいため、相性の良い野菜を組み合わせて輪作することで生育が良くなる。例えばトマトにはアスパラまたはネギを組み合わせると雑草が抑制できる他、アブラナ科の野菜を組み合わせても良い。枝豆やインゲンなどのマメ科の植物は野菜全般に相性が良く、また窒素固定により土壌中の窒素を維持することもできる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ