ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • リグニン
    りぐにん

    リグニン(リグニン)

    リグニンとは、植物の維管束部分に存在し、植物体の骨格形成を担う高分子物質。リグニンには、細胞壁中にある多糖類のセルロースと結合することで細胞組織を堅くする働きがある。例えば、木の幹が堅いのはこのリグニンの作用のためで、木材の20〜30%はリグニンで形成されている。また、草本植物のキクやマーガレットが長期にわたって成長を続けた場合、茎部分が茶色く堅くなり木質化することがある。これもリグニンによる変化が起こったため。
    一方で、リグニンを分解する働きを持つ菌類を「リグニン分解菌」と言い、キノコの持つ糸状菌がそれである。アカグサレ菌やシログサレ菌などがあり、シログサレ菌の菌群はリグニンを二酸化炭素と水に分解する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ