ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 余まき栽培
    よまきさいばい

    余まき栽培とは、4〜8月の時期、普通栽培のあとに行なう栽培を意味する。
    家庭菜園でよく作られている夏キュウリは、夏に種をまき季節が過ぎてから余まき栽培されるため、「余まきキュウリ」と呼ばれる。余まきキュウリは、日中の気温が暖かくなり地面が温まってきた頃に種を直播きして栽培。夏の強い日差しや暑さに負けず、病害虫にも強いため初心者向きである。地這い性の性質を持つこの余まきキュウリは4〜5月頃に苗から育てる支柱キュウリに比べ栽培しやすく失敗も少ない。
    余まきキュウリはスーパー等で売られている緑色のキュウリとは異なり、見た目は白っぽく表面が瓜のようにとげとげしい。夏の太陽光をあびて育っているため、皮はとてもやわらかく濃厚な味が特徴。青臭さもほとんどなくしっかりとした歯ごたえもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ