ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 元肥
    もとごえ、もとひ

    元肥とは、植物の植え付け時に施す肥料を意味する。一方、この元肥が消費されたときに追加する肥料のことを「追肥」と言う。
    植物が必要とする肥料成分のうち、最も大切な要素は「チッ素」、「リン酸」、「カリ」の「肥料の三要素」だ。これに次ぐ重要な中量要素は「カルシウム」、「マグネシウム」、「硫黄」。さらに「塩素」、「ホウ素」、「鉄」、「マンガン」、「亜鉛」、「銅」、「モリブデン」、「ニッケル」など微量要素も必要である。元肥として与える肥料にはこれらの三要素、中量要素、微量要素をバランス良く施すことが大切。中でも三要素のひとつであるリン酸は、細胞が著しく増加する植物の初期生育に必要不可欠な成分である。土にリン酸が固定されることも見込んで、元肥にはリン酸が多めに含まれた肥料を選ぶと良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ