ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • まき床
    まきどこ

    まき床(マキドコ)

    まき床とは、花や植物などを育てるために種をまく場所を意味する。一般的には、育てようとする物の特性や種の大きさなどに合わせて、まき床に使用する土や肥料を適宜配合して畝や鉢土をつくる。また温度管理や害虫被害の対策として、必要な場合にはビニールや寒冷紗(かんれいしゃ)を使用することもある。
    まき床の土は細かくし、表面をなるべく平らに整えておくことで、遮光や採光、乾湿、種の深さなどを均等にすることができる。
    まき床と似た用語に「床まき」があるが、これは種のまき方の一種を指している。畑や花壇に種を直接まく「直まき」に対して、一旦植木鉢などに種をまき、ある程度成長したら別の場所に植え替える方法を「床まき」と言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ