ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 本草学
    ほんそぞうがく

    本草学(ほんぞうがく)とは、中国で古くから発達した薬物についての学問を意味する。主に薬用の観点から、植物を中心に動物や鉱物なども含めて研究した物。薬物の多くが植物から得られたことから、薬の本(もと)となる草の意味で本草(ほんぞう)と呼ばれた。本草について書かれた書籍を「本草書」と言う。
    中国最古の本草書「神農本草経」には、300種を超える植物、動物、鉱物が集録され、薬効の強さによる分類がされている。その後、明の李時珍が著した『本草綱目』が日本にも伝えられ、薬学、植物学、博物学の発展に繋がった。儒学者で医師でもあった本草家、貝原益軒(かいばらえきけん)は、本草綱目を参考にしながらも独自の調査結果を加えるなどして『大和本草』を著した。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ