ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 苞葉
    ほうよう

    苞葉とは、花の下にあり芽やつぼみを覆って保護する特殊な形をした葉のことを意味する。「苞」とも言う。
    苞葉は一般に普通の葉よりも小さくて緑色をしている。花や葉が開くと先に落ちてしまうことが多く、大きさや形、質も様々で糸状の物、花弁状、鱗片状などがある。しかし、ポインセチアやブーゲンビリアのように花と見間違う程大きく美しく発達する植物も存在する。
    苞葉の上部にあり、花に最も近い場所にある物を「小苞」と言う。また、花序の基部にある苞葉を「総苞」と言い、イグサや栗のイガのように円筒状の物、ドクダミのように花弁状の物など様々である。里芋やミズバショウなどの苞葉は大きく発達しており「仏炎苞」と呼ばれている他、個々の総苞は「総苞片」と呼ばれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ