ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • ほう芽抑制剤
    ほうがよくせいざい

    ほう芽抑制剤とは、植物のほう芽を人為的に遅らせることのできる薬剤を意味する。
    ジャガイモなどの作物は、萌芽をしてしまうと、生食用品種としての価値が著しく損なわれ、加工用やでんぷん原料用でも消耗や歩留まりの低下、品質の劣化が起こる。そのため、貯蔵中の萌芽を防ぐためにいろいろな方法が検討されており、ほう芽抑制剤の使用はそのひとつである。
    しかし現在、このほう芽抑制剤に使われている「クロロプロファム」が問題となることもある。なぜならクロロプロファムは、日本ではもともと除草剤として登録されていた薬品だからだ。そのためヨーロッパのスーパーマーケットなどでは、「レジデューフリー(農薬残留量0)」の運動が盛んであり、その最大の標的となっているのが、このクロロプロファムである。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ