ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 萌芽
    ほうが

    萌芽とは、草木が芽を出すこと。または、休眠状態だった芽が成長をはじめることを意味する。ヒイラギ類、ツゲ類などは萌芽力が強く、萌芽力が弱い物は桜類、黒松などである。
    また、森林の再生の方法として「萌芽更新」がある。萌芽更新とは萌芽が活発な広葉樹を伐採し、翌年根株から休眠していた芽が萌芽を始め新たな森林を作る物。ブナ科の植物やスギ、イチョウやクワなどが萌芽更新が期待できる木の種類である。
    また、宇治茶の産地である京都では、4月上旬頃お茶の芽が芽吹いてくることからこの時期を「一番茶の萌芽」と言う。茶摘みは萌芽から約1ヵ月後の八十八夜頃にはじまる。
    萌芽の同義語として「芽吹き」、「芽生え」がある他、新しい物事がはじまることや物事の起きるきざしとしても使われることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ