ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 不稔(性)
    ふねんせい

    不稔性とは、交雑して花が咲いても植物が種子を生じない現象のことを意味する。種子が形成されても、その種子が生体へ発生する能力を持たない場合も、不稔性とされる。対義語の「稔性」は、受精が行なわれ次世代の種子が形成される、有性生殖が可能な性質のことを言う。
    不稔性の要因には、生殖器官の異常や花粉や胚、胚乳の形成異常などがある。中には受精自体は可能なものの、自殖であるといった特定の系統との交雑のみ不稔性となる性質も存在する。これを「自家不和合性」や「自家不稔性」と呼んでおり、代表的な植物には、バラやサクラ、モモ、ナシ、リンゴがある。これらは自身の花粉ではなく他からの花粉でのみ受精し種子を付けるが、植物が近親交配を避け、遺伝的な多様性を守るための性質だと考えることができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ