ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 肥料の微量要素
    ひりょうのびりょうようそ

    肥料の微量要素とは、植物の生育に必要な肥料成分のうち、微量ながらも欠かすことのできない成分のことを意味する。鉄分、マンガン、ホウ素、亜鉛、銅、モリブデン、塩素、イオウなどがこれにあたる。
    こうした微量要素は、光合成や酵素反応を促進させ、農作物の生産性や品質を向上させる働きを持つ。不足すると生育に支障が出たり、「肥料の三要素」と呼ばれる、チッ素、リン酸、カリなどの多量要素がじゅうぶんに吸収されにくくなったりと、微量ながらも重要な肥料成分である。
    特に、鉢植えで植物を育てる場合、土の量が限られている上に、水やりを行なうときに肥料成分が一緒に流れ出してしまうことが多い。そのため、定期的に微量要素を含む活力剤などを与えてやると良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ