ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 花形
    はながた

    花形とは、品種によって異なる花の咲き方や大きさ、形を意味する。双子葉植物の花形は、「合弁花」と「離弁花」に分けられる。合弁花は花びらが付け根から一枚に繋がっている花で、アサガオなどがある。離弁花は、花びらが一枚ずつ離れた作りで、バラなどがある。また、離弁花よりも合弁花の方が進化した花形とされる。
    花びらの枚数は、その植物によって決まっている。本来の枚数の花形を「一重咲き」と呼び、本来の花びらの枚数よりも多くなった花形を「八重咲き」と呼ぶ。八重咲きは野生種ではほとんど見られないが、花の部分をより美しく品種改良した園芸品種の花形に多い。他にも、「巨大輪」、「大輪」、「中輪」、「小輪」、「極小輪」と言って、花の大きさで花形を区別する言葉もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ