ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 発泡煉石
    はっぽうれんせき

    発泡煉石とは、粘土を粒状に丸め、約1200℃という高い温度で焼成発泡させた物を意味する。容器に水をためて育てる「ハイドロカルチャー」と呼ばれる栽培法で、土に代わる植え込み材として利用される。多孔質で、水と空気をバランス良く保つ性質があり、植物の根は、この水分と空気を吸収することで、発泡煉石のすき間を伸びて成長する。根にとって快適な環境であることから根が活性化し、耐陰性や耐寒性が増す。そのため、暖房の付いていない室内や日のあたらない場所でも、観葉植物が育てやすくなる。
    高温で焼成発泡させた発泡煉石は、清潔でにおいがなく、病害虫やカビが発生しにくい。そのため、初心者にも扱いやすく、また、台所や食卓などにグリーンをおきたい場合にも適している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ