ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 灰色かび病
    はいいろかびびょう

    灰色かび病とは、花弁やつぼみに水が滲んだようなシミができ、病気が進行すると灰色のカビに覆われて腐ってしまう植物の病気。病原菌の名が「ボトリチス菌」であることから、「ボトリチス病」とも呼ばれる。バラやツツジ、シャクナゲ、イチゴなどに発生しやすいが、寄生範囲が広いためほぼすべての植物に発生する。
    灰色かび病が発生したら、できるだけ初期段階で「カリグリーン」などの薬剤を全体に散布し、病気が広がることを防ぐ。梅雨など湿気が多い季節に発生しやすいことから、通気や水はけを良くすることも予防として大切。また、「ダコニール1000」や「オーソサイド水和剤」などの殺菌剤を定期的に散布することも予防となる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ