ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 二番花
    にばんか

    二番花とは、ひとつの株のうち、一番初めに咲いた花の最盛期が終わった頃に咲き始める花のことを意味する。最初に咲く花のことは「一番花」、二番花の次に咲く花は「三番花」と、咲いていく順に名が付けられている。
    通常、一季咲きの品種の花は、一番花が終わった時点でこれ以上花を付けることなく終わる。バラやコチョウランなどの四季咲きの花の場合、一番花が終わっても二番花、三番花と花を付け、観賞する人を楽しませてくれる。
    バラの二番花を綺麗に咲かせるには、一番花開花後の剪定「先がら切り」が重要。これは、一番花の咲き終わりに、伸びた枝の半分くらいの五枚の葉が付いているところでバッサリと切る剪定法だ。この剪定を行なうことで、切ったところから花芽が伸び、次の二番花がしっかりと咲くようになる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ