ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 二年草
    にねんそう

    二年草とは、発芽した1年目は開花せず、その翌年の春や夏に開花結実し、冬には枯死して種子だけが残る草本のことを意味する。「二年生植物」や「越年草(えつねんそう)」とも呼ばれる。1年目の冬の低温に遭遇することで開花するタイプが多い。
    草本には他にも、その年に開花し冬に枯死して種子を残す「一年草」や、同じ株から2年以上、多年にわたって生育を続ける「多年草」。また、多年草からサボテンや多肉植物など特殊な種類を除いた「宿根草(しゅっこんそう)」などがある。二年草は非常に数が少なく、また一年草と性質が似ているため、一緒の分類で扱われることも多い。その場合は「一・二年草」と呼ばれる。
    代表的な二年草には、ワスレナグサ、タチアオイ、カンパニュラ、ジギタリスなどがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ