ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 軟化
    なんか

    軟化(ナンカ)

    軟化とは、果物や野菜が栽培時や調理時にやわらかくなることを意味する。軟化は、植物の形状を保っている細胞が熱を加えることによって膨張し、細胞間が緩み、細胞壁が壊されることによって起こる。
    栽培時の熱とは太陽光のことであり、地下栽培やシートや土を利用して太陽光を遮断して野菜などを育てることは「軟化栽培」と言う。例えば、アスパラガスで軟化栽培を行なうと、光合成ができないため茎が白くなると同時に、細胞壁が少なくなり茎がやわらかくなる。この性質を利用して作られているのが「ホワイトアスパラガス」である。また、調理時の熱とはレンジや火入れのことであり、80〜90℃あたりで軟化現象が起こり、同じく細胞壁が壊れることによってやわらかい質感に変化する。
    軟化と同義として使われる用語に「軟白」があり、軟白栽培の代表的な物に「軟白うど」や「軟白ネギ」がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ