ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • とりまき
    とりまき

    とりまきとは、採取したタネを保管せずにそのまま土にまくことを意味する。植物によっては時間の経過に伴い発芽しにくくなる種類があるため、その場合にこの方法が採られている。
    もともと、できたタネはそのまま土にこぼれ発芽するというのが自然の姿であり、そのサイクルにしたがって植物は繁殖してきた。そのため野生の種や山野草のタネは大抵がとりまきで、とりまきをしなくても発芽する園芸種は、時間が経過しても発芽するように人為的に改良されている。
    とりまきを行なうことのメリットは、採種してからしばらく保管しておいたタネに比べて比較的発芽が良く、時期もそろうことである。また、冬越しが楽になるなどのメリットもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ