ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 止め肥
    とめごえ

    止め肥とは追肥の一種で、花が咲くまでに肥料の効果がなくなるように施す最後の肥料のことを意味する。
    種を蒔く前や植物を移植する前に施す肥料のことを「元肥(もとごえ)」と言うのに対し、植物の生育途中で施す肥料のことを「追肥」と言う。しかし、花が咲く直前まで追肥を続けると、葉や茎ばかりが生い茂る、徒長する、花が咲くのが遅くなる、作物においては収穫量が低下するなどの現象が起きてしまう。そのため、止め肥は与える時期を見計らって行なうことが必要。
    また、止め肥以外の追肥にも、いくつか種類がある。秋蒔きの植物などに対して春先に良い芽を出させるために与える「芽出し肥」、主に鉢やプランターの植物の根もとに施す「置き肥」もその一種。また、開花期の終わりや果実の収穫後に弱った植物の栄養補給ために与える「お礼肥」なども挙げられる。いずれも植物の生育に合わせて適量を追肥することが重要である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ