ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • とう立ち
    とうだち

    とう立ち(トウダチ)

    とう立ちとは、花を咲かせる茎である「とう」が伸びることを意味する。「薹立ち」や「抽苔(ちゅうだい)」とも呼ばれる。葉菜類や根菜類などの作物のとうが伸びて花が咲いてしまうと、種子に栄養が行なってしまう。そのため、葉が固くなったり、根菜にスが入ったりと可食部の品質低下に繋がる。
    とう立ちが発生する原因は作物によって様々だが、主に日長の長短や温度の変化によって花芽分化が起きてとう立ちが発生する。種蒔き直後に一定期間低温になることで花芽分化する「種子バーナリゼーション型」のカブやコマツナ、ハクサイ、ダイコンなどは、注意が必要。低温に当てないようトンネルなどで保温することでとう立ちを避ける。
    また一定の大きさになってから低温で花芽形成する「植物体バーナリゼーション型」のキャベツやニンジン、タマネギなどの作物の場合は、あまり大きくならない状態で越冬できるよう、種を蒔く時期などを調整することでとう立ちを避けている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ