ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 頭状花序
    とうじょうかじょ

    頭状花序とは花の配列様式のひとつで、花軸の先端が短縮し円盤状となり、その上に花柄(かへい)のない花が集まった物を意味する。略して「頭花」とも呼ばれており、キク科の植物で広く知られている。キクやヒマワリ、ガーベラなどが代表的な頭状花序。これらはあたかもひとつの花のように見えるが、実は花びらに見えている部分それぞれがひとつの花である。分解してよく見ると雄しべや雌しべもあり、小さいながらも花の構造を持っているのが分かる。
    キク科の頭状花序は、大きく分けると2種類の花からなる。花序の周辺部にある花が「舌状花(ぜつじょうか)」で、タンポポ属では頭花はすべて舌状花で構成されている。また、中心部にあるのが「筒状花(とうじょうか)」。花弁が筒状となっており、ガーベラやヒマワリの中心部で見ることができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ