ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 点まき
    てんまき

    点まきとはタネまきの方法の一種で、大きな種子をまく際に行なう手法を意味する。タネのまき方は、植物の種類やタネの大きさによって変えるのが一般的。「点まき」の他に、小さなタネをまく際は「ばらまき」、中くらいのタネをまく際は「すじまき」などの手法がある。
    点まきは、直径2mm以上の比較的大きいタネをまく際に行なうと良い。ポットなどに入れた用土に、指や棒などを利用して一定の深さの穴を等間隔にあけ、1ヵ所に1粒または数粒ずつタネをまく手法である。タネを1粒ずつまくことで、発芽直後の間引きが不要もしくは簡単となる。最初に間隔をあけて植えてあるため、比較的大きくなるまで植え替えせず栽培できることが、点まきの特徴である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ