ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 天挿し
    てんざし

    天挿しとは、切った植物の枝や芽を、土などに挿して新しい個体を得る「挿し木」の種類のひとつで、挿穂(さしほ)として茎や枝の先端を用いる物を意味する。
    挿し木は、挿穂として用いる部位により分類され、葉を用いる葉挿し、茎を用いる茎挿し(枝挿し)、根を用いる根挿しがある。茎の先端を用いる天挿しは、茎挿しのひとつで、「頂芽(ちょうが)挿し」、「心挿し」とも呼ばれる。それより下の茎の中間部を利用する場合は、「管(くだ)挿し」と言う。
    挿し木は、草花の場合には「挿し芽」とも呼ばれ、同じ植物の苗を手軽に増やすことができる。種から育てて増やす方法(実生)に比べ作業が簡単で、早期に開花し実が得られることから、園芸植物の繁殖方法として広く用いられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ