ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 摘花
    てっか

    摘花とは、優れた果実や花を得るために、つぼみや花のうちに間引くことを意味する。花が咲いた段階で、生育の良い物を残し、他の花を摘み取っていく剪定作業のひとつ。これをすることで株の栄養が過剰に消費されたり、余分に実が付いたりすることを防ぐことができるのである。
    摘花をする時期としては、花が八分咲きくらいになったところでするのがベスト。手で摘み取れない場合は先端の細いハサミなどを使って摘み取ると効率が良い。また、チューリップなどの球根を出荷する目的がある植物は、球根を大きくするために花はすみやかに摘み取られることもある。
    りんごの花の場合はひとつの芽に5つの花が咲く。これらの花のうち、真ん中にある花が一番早く咲き、良いりんごになるとされているため、それだけ残してあとは摘み取る「一輪摘花」を行なっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ