ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 摘蕾
    てきらい

    摘蕾とは、花を咲かせる植物や果樹に生じた余分な蕾を摘み取ることを意味する。開花する花の数を減らす目的で行なう剪定(せんてい)作業のひとつである。
    蕾を摘み取って数を減らすことで、株からの養分の消耗を抑え、幼木の成長を促進させたり、大きくておいしい果実を付けさせたりすることができる。また小さい株の場合に、花を咲かせるよりも株の成長を優先させたいときには、すべての蕾を摘み取ることもある。
    摘蕾方法として、例えば果樹の場合、樹木の中心部分の蕾は残し、先端にある蕾や育ちの悪い蕾を摘み取る。しかし、毎年結実が悪かったり、霜や雹(ひょう)などによって被害を受けたりした果樹の場合には、摘蕾の数を減らす、もしくは摘果をしないことが望ましい。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ