ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 摘心
    てきしん

    摘心とは、枝や茎の先端にある芽を摘み取ることを意味する。「ピンチ」や「心止め」とも言われる。
    枝や茎の先端にある芽のことは「頂芽(ちょうが)」という。この頂芽を摘み取ることで、わき芽の成長を促進させて枝を増やしたり、果樹などの場合に良い花や果実を得たり、樹形を整えたりすることができる。その他にも、良い花や果実を得るために、果樹などの花を摘み取る「摘花」、蕾を摘み取る「摘蕾(てきらい)」、幼い果実を間引く「摘果」などを行なう場合がある。
    また、頂芽があることでわき芽の成長が抑制されるのは、頂芽が分泌する「オーキシン」と呼ばれる植物ホルモンがわき芽に働くことが原因。このような植物の性質は「頂芽優性」と呼ばれている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ