ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • つぎ木ざし
    つぎきざし

    つぎ木ざし(ツギキザシ)

    つぎ木ざしとは、接ぎ木をした物を挿し木して栽培する方法を意味している。「接ぎ木」とは、2種類以上の植物を人工的に結合させる方法。「接ぎ挿し」とも呼ばれる。通常は「台木(だいぎ)」と呼ばれる土台となる植物には根が付いた状態で接ぎ木をし、土中に植える。しかし、つぎ木ざしでは土台となる台木も茎のみの状態で接ぎ木し、そのまま茎のみの状態で土に挿す「挿し木」の方法で栽培する。
    果樹では主にブルーベリーの栽培に使用される方法である。品質は高いが、自根での生長があまり良くない品種を効率よく育てるために、生育の良い別の品種を台木にして接ぎ木し、さらにそれを挿し木して栽培される。樹木だけでなくバラやキュウリ、ナス等の植物でも用いられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ