ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 接ぎ木
    つぎき

    接ぎ木とは、植物の枝や芽を切り取り他の植物に接着させ、独立した新しい個体に養成する繁殖方法を意味する。主に果樹や花木で使われる繁殖方法で、根の付いた土台となる台木に品種の違う植物(穂木)の枝や芽を接ぐことが基本的な方法である。
    接ぎ木を行なうことで、台木の性質を穂木に受け継ぐことができ、その上穂木の残しておきたい性質を損なうこともない。よって、病害虫に強く生育が旺盛な台木を選び、花が美しい品種の穂木を選ぶと双方の良い特徴を生かした植物ができる。さらに台木が根付いているため、生長が早いこともメリットである。
    一方で、台木と穂木の相性が良くないと双方が枯れてしまったり、挿し木など他の繁殖方法と比べて手間がかかったりするといったデメリットもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ