ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 地生ラン
    ちせいらん

    地生ランとは、地中に根を下ろすラン科の植物を意味する。代表的な地生ランとして、パフィオペディラムやエビネ、シュンラン、クマガイソウ、サギソウが挙げられる。
    ランの仲間は野生のランだけでも1万5000〜2万5000種程あると言われている。そのぶん様々な生態の物が存在するが、その生活様式からランは「着生ラン」と「地生ラン」に大きく分けられる。着床ランは、木の幹や枝、岩の上などに根を張り付かせて自生する。それに対し、地生ランはあまり日光が届かない樹林内の地中に根を下ろして生活する種だ。
    地生ランは、雨期の間に成長して乾期に休眠する物が多い。そのため地生ランの根や茎は肥大する仕組みになっており、ここで雨期に獲得した水分や養分を蓄えられるようになっている。また、完全に地上部を枯らして地中にある球根の状態で休眠する物も存在する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ