ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 単子葉植物
    たんしようしょくぶつ

    単子葉植物とは、被子植物のうち、種子から発芽し最初にできた子葉が1枚の植物のことを意味する。「単子葉類」とも呼ばれる。
    葉に平行脈を持ち、花を構成する各部分は3を基本とし、根は主根と側根とに分かれず、ひげ根であるのが特徴だ。また、茎を横断面から見たとき維管束の配置が不規則であり、年輪を作らず肥大生長しない。つまり単子葉植物のほとんどが草本ということになる。主な単子葉植物に、イネ、ユリ、ランなどが挙げられる。一方で、被子植物のうち、種子から発芽し最初にできた子葉が2枚の植物のことを「双子葉植物」と言う。網目状の葉脈があり、花を構成する各部分の多くは5または2の倍数で、維管束は円周状に配列しているなどの特徴がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ