ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 耐陰性
    たいいんせい

    耐陰性とは、植物が日照の少ない環境に耐えて生育する性質を意味する。主な植物として、アスチルベ、ギボウシ、へデラ、ゴムノキなどが挙げられ、その他にも多数の耐陰性植物が存在。
    また、耐陰性が高く日陰を好む植物を「陰性植物」と言い、ポトス、ヤシ、ドラセナ、クワズイモ、パキラ、セントポーリア、シダ類などの植物がそれにあたる。中でもコケ類には陰生植物と呼べる種が極めて多いとされている。いずれも少なく弱い光でも効率的に光合成を行なうことができるため、耐陰性のある植物は室内や日陰でも育てることができる。
    反対に、日当たりの良い場所を好んで生育する性質を持つ植物を「陽性植物」と言う。アカマツ、シラカンバなどの樹木や、シバ、タンポポ、ナズナ、ニシキソウなどの植物がそれにあたる。これらの植物は室内や日陰などの日照の少ない環境ではうまく生育できない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ