ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 外芽
    そとめ

    外芽とは、幹から見て枝の外側を向いている側芽のことを意味する。外芽に対し、枝の内側を向いている側芽は「内芽」と呼ぶ。
    剪定の際、外芽が枝の先端に来るように切り戻すことを「外芽を残す」、内芽が先端に来ることを「内芽を残す」と言う。基本的には外芽を残して切り戻すのが剪定の原則だ。内芽から伸びる枝は幹の方へと向かって伸びるため、忌み枝である「立ち枝」や「逆さ枝」の原因となり樹形を乱してしまう。
    切り戻すときの芽の位置は、芽に近すぎると芽が乾いて枯れてしまうこともある。反対に枝先を少し残した状態で切ってしまうと、樹液が届かないため枝先が枯れ込んでしまう。そのため切り戻すときは、外芽の少しだけ上の位置で芽の伸びる向きと平行に切ると、見た目も目立たず、新芽が伸びたあとも自然な感じに仕上がる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ