ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 石灰肥料
    せっかいひりょう

    石灰肥料とは、石灰を主とした肥料を意味する。石灰肥料には様々な種類があり、一般的な物として炭酸カルシウム、消石灰(水酸化カルシウム)、苦土石灰、副産石灰、貝化石肥料、混合石灰などが挙げられる。
    通常野菜作りには中性の土壌が好ましいとされているが、日本では酸性の土壌が多いためアルカリ性の物を加えて土壌のpHを調整する必要がある。そのときに用いられるのが石灰肥料だ。
    消石灰の基本の施し方は、野菜の種や苗を植え付ける2週間程前に土に散布する。そのとき、かたまってしまうのを防ぐためにすぐにかき混ぜるのが上手な土壌作りのコツ。また、堆肥などのその他肥料を一緒に与えるとアンモニアガスを発生させてしまうため、1週間間隔を空けることも重要である。反対に、苦土石灰や有機石灰は施してからすぐに種まきが可能で、多めに施肥してしまっても害が出にくいため扱いやすく家庭菜園に向いている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ