ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 生殖成長
    せいしょくせいちょう

    生殖成長とは、花芽をつくり、花を咲かせ、実を結んで種をつくると言った生殖に関する生育過程を意味する。
    これに対し、植物の茎や葉、根と言った栄養器官をつくることを「栄養成長」と言う。生殖成長は次世代のための成長であるため、ある程度栄養成長が進んだあとでないと行なわれないが、ナスやウリなど一部の植物は栄養成長と生殖成長が同時に起こる。
    なお、栄養成長から生殖成長への切り換えを「花成 (かせい)」と言い、温度や日の長さ、光の当たり具合、窒素と炭素の割合、花成を促す花成ホルモンと言った様々な要因がかかわり行なわれている。一方、栄養成長が旺盛過ぎると生殖成長を妨げることがあり、多くの果樹や花木に見られる。これによる果樹などの品質低下を防ぐため、高密度植樹や剪定作業などを行なう必要がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ