ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • スプレータイプ
    すぷれーたいぷ

    スプレータイプとは、摘蕾(てきらい)を行なわずに、茎を上部で枝分かれさせ、そこに放射状に複数の花を付ける植物を意味する。キク、カーネーション、バラなどにスプレータイプの品種が多く見られ、それぞれスプレーギク、スプレーカーネーションと呼ばれる。スプレーカーネーションは、一本に5〜6輪の花を付ける。
    本来、キクやカーネーションは脇芽をかき、蕾を小さいうちに摘除し、一茎一花にする栽培法が一般的であった。しかし、脇芽をかくなどの作業労力を減らすことが可能なことから、スプレータイプの栽培が徐々に増え始め、栽培面積が大幅に拡大していったのである。
    スプレータイプは、種類の豊富さ、華やかさ、花束やフラワーアレンジメントに取り入れたときのボリューム感などから人気を博している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ