ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • スターター
    すたーたー

    根付け肥とは、植え付けた苗がその土壌に早く活着し、うまく生育するために施す肥料を意味する。「待ち肥」、または「スターター」とも呼ばれる。定植の4〜5日前に根鉢よりも深い植え穴をつくり、その中に少量の肥料を施す方法が一般的。その上に土を入れてから苗を植え付けるとすぐに肥効が出るため、発根が促されると言う仕組みである。
    その一方で、稲作の場合は田植え直後に散布する肥料を「根付け肥」と言うことが多い。「緩行性肥料(元肥)」と「速効性肥料(追肥)」の中間的な役割とも言えるが、植え付け時には大変重要な役割を果たす。
    根付け肥に用いられる肥料は、牛糞などの堆肥や化成肥料など様々。あらゆる作物に効果的だが、根を深く広く張るナスやキュウリ、トマトなどの果菜類に特に効果を発揮する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ