ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 省力栽培
    しょうりょくさいばい

    省力栽培とは、機械を利用する、栽培方法を工夫すること等により手間や労力を省いて栽培することを意味している。「省力化栽培」とも呼ばれる。
    通常必要とされる手入れを、作業の簡略化や栽培方法に工夫をすることで省略し、栽培に必要とする労力や時間を節約することができるのが省力栽培である。例えば、それまで苗床にタネをまき、ある程度成長したら苗床から畑へ移植していたとする。それを最初から畑へタネを直撒きすることで移殖の手間を省いたり、それまで手作業でしていた受粉を、ミツバチを利用して受粉させたりすること。また、不要な枝を刈り込む「整枝(せいし)」の作業をせずに放任する等の工夫をすることで作業を省力化すると言った方法がある。栽培を省略化することで作業時間を減らすことができ、栽培にかかるコストも抑えることができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ