ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 硝酸化成作用
    しょうさんかせいさよう

    硝酸化成作用とは、アンモニア態窒素が硝酸態窒素に変化する作用を意味する。
    「NH3‐N」と表記されるアンモニア態窒素は、「アンモニア性窒素」とも呼ばれ、窒素成分のうちアンモニウム塩である物のことである。また「NO3‐N」と表記される硝酸態窒素とは、窒素成分のうち硝酸塩である物のこと。このアンモニア性窒素は土壌の中にある硝化菌によって、硝酸態窒素へと変化するが、この作用こそが「硝酸化成作用」である。
    硝化菌は25〜35℃の温度、適切な酸素供給、土壌のpHは7に近いことなどの好条件下で活動が活発になり、条件が良いと1週間以内に硝酸化成作用が進む。これで変化した硝酸態窒素は、すぐに植物の根に吸収され、植物は成長していくこととなる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ