ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 種子繁殖
    しゅしはんしょく

    種子繁殖とは、種子から次の世代の植物を繁殖させる方法を意味する。「実生」とも呼ぶ。種子繁殖は、種の大きさや形、性質によってまく場所や育て方が大きく異なる。「直まき」とは、最終的に育てる場所に最初から直接種をまく方法のことで、大粒のヒマワリやアサガオなどに適している。一方「箱まき」と呼ばれる手法は生長に応じて移植する方法のことで、コンテナや箱などに土を入れて種をまく。これは粒状から小粒の種に最適な方法とされる。
    種子繁殖の問題点は、同じ品種の種をまいても、成長すると花の色や姿形、草丈などに微妙な違いが生じてしまうことだ。これはメンデルの法則にもある、植物が生存していくために必要な多様性による物。しかし、同じ品種で個体差があることは美しさを目的とするガーデニングの世界では好まれないこともある。したがって見栄えを目的とする場合は、親株とそっくり同じ性質の株を育てる、挿し木や挿し芽による栄養繁殖を選ぶ場合も出てくる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ