ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • シード・バーナリ型
    しーどばーなりがた

    シード・バーナリ型とは、バーナリゼーション(春化)の種類のひとつ。種子を蒔き吸水した直後から低温に感応し、花芽分化をすることを意味する。別名「シードバーナリタイプ」、「種子春化型」とも呼ばれる。一方、種ではなく一定の大きさになった苗が、一定の低温下で花芽分化するタイプは「グリーンプラント・バーナリ型」と言う。
    シード・バーナリ型の野菜を栽培する場合は、種蒔きの時期が重要となる。寒くなると春化し開花してしまうため、11月以降は種蒔きをしないことが一般的。開花は生殖本能に基づいた正常な流れだが、ダイコンやホウレンソウなど実ではなく葉根を食べる野菜の場合、花芽が付くと葉根への栄養がストップしてしまう。そのためこれらバーナリ型の野菜を育てるときは、充分に養分を行き渡らせるためにもバーナリゼーションを避けることが大切だ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ