ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ


  • さや

    莢とは、マメ科の植物の種子を覆う殻のことを意味する。マメ科の植物は世界には18,000種類程存在しており、日本だけでも100種類もの植物が自生。根に「根粒菌」と言う菌を共生させることで窒素を固定することができるため、窒素肥料が少ない痩せた土地でも栽培することができる。
    マメ科の種子で作物になる「豆」の莢は、開花後に花びらが枯れ落ちたあとに付きはじめる。莢が膨らんできたら豆として収穫が可能。世界中で栽培されている大豆は、莢が膨らみ種子が成長した段階で収穫すれば「枝豆」として食べられる。そのまま莢が黄色くなるまで放置し、莢を振って中の豆がカサカサと音をたてるようになったら「大豆」として収穫することができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ