ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 挿し芽
    さしめ

    挿し芽とは、樹木の枝や茎を使って行なう「挿し木」のうち、草花など草本性の植物の根を出させる栄養繁殖の方法を意味する。挿し芽は「春ざし」、「梅雨ざし」、「夏挿し」などに分けられる。
    挿し芽には茎が数cmあればできる上に、切って挿すだけと言う手軽さがある。さらに、実生苗に比べると生育も早いことから接ぎ木やとり木に比べて簡単に行なうことができる。以上の理由から、初心者におすすめの繁殖方法と言える。自分のお気に入りの植物を好きなだけ増やすことも可能で、「1から自分で育てた上げた」と言う嬉しさを味わえるのも魅力のひとつである。
    実際に行なうときは、茎が硬く葉と葉の間が短い状態の物をさし穂として選ぶ。少しでも根が出やすいように、通気性と保水性、水はけの良い用土を使用する、光の調節をするなど環境を整えると良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ