ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 桜前線
    さくらぜんせん

    桜前線(サクラゼンセン)

    桜前線とは、桜の開花が同じ日に当たる地点同士を結んだ線を意味する。もともとこの「桜前線」と言う言葉は、これらの結んだ線が天気図上の前線の動きによく似ていることからマスコミが使い始めた呼び名である。桜前線の観測対象となっている品種は主に「ソメイヨシノ」であるが、沖縄では「ヒカンザクラ」、北海道では「エゾヤマザクラ」、「チシマザクラ」を観測している。これらの桜を各地の標準木で観測し、花が5、6輪開くと「開花」、80%以上が咲いた状態になると「満開」となる。
    桜前線は、桜の開花は花芽の成長が気温に依存する性質があることを利用している。概ね南から北へ、高度は低いところから高いところへ進んでいき、2月頃に沖縄から始まり3月下旬に九州南部、順次北上し5月に北海道まで至る。しかし気温の違いによって必ずしも前線が1本の線にならない年もあり、九州と関東が同じ予想日になることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ