ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 作型
    さくがた

    作型とは、作物を栽培する場合にその栽培の時期や立地条件に適した特性を持つ栽培品種を選び、植え付けて管理し、経済生産をする一連の体型のことを意味する。日本で生産される多くの野菜は需要に合わせて年間を通して供給される。その供給を安定して行なうために作型は栽培地域を選択し、定植地、播種(はしゅ)期、品種、環境条件を変えながらそれぞれの野菜に適用した時期に栽培している。
    例えば、きゅうりなどは栽培品種と栽培施設を組み合わせることによって周年供給を可能に。きゅうりの早期出荷はハウスや温室を利用し栽培し、春から初夏にかけては施設を使用するが加温はしない。旬の夏期は露地栽培をし、年末にかけては夏期に育苗をして収穫する。このようにして周年供給が成り立っている。栽培管理技術の開発や施設の周年利用がそれぞれの作物で行なわれており、作型は多様化している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ