ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 栽植密度
    さいしょくみつど

    栽植密度とは、一定の面積当たりに植え付ける植物の株数を意味する。栽植密度は一般的に「1㎡(平方メートル)当たり○株」や、「10a(アール)当たり○本」などと表記し、植物同士の間隔で表す場合は、「うね間○cm」、「株間○cm」などと表す。
    栽植密度は、主に稲や野菜を育てる際に考慮することが重要となる。植物がじゅうぶんに育つためには栽植密度は欠かせない要素であり、良い質や量が必要とされる食用の植物を育てる上では非常に大切と考えられている。
    例えば稲の場合、混み合って植えられると細く長く育ち、軟弱で倒れやすい。穂も小さくなってしまうため、良質の米が栽培できなくなってしまう。畑で育つ野菜でもそれぞれ種類によって必要とされる面積が異なるため、家庭菜園など小規模の畑で野菜を育てる場合でもこれらを考慮しあまり寄せて植えることは避け、じゅうぶんな株間を取ることが求められる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ